入会案内

アニマルウェルフェア(Animal Welfare・家畜福祉)とは、家畜が最終的な死を迎えるまでの過程において、動物の生態や習性、生理に沿った飼育がなされ、ストレスから自由で、行動要求が満たされた健康的な生活ができる状態にあることです。そうした環境の下で家畜を飼育するシステムを、私たちは「アニマルウェルフェア(AW)畜産」と呼んでいます。

近代的な集約畜産は国民の食を支えてきましたが、高度に進んだ家畜改良や、大量の濃厚飼料を与え生産効率を重視した飼育管理などによって、家畜に苦痛を強いている実態があります。

こうした現状に対する反省から、EU(欧州連合)はアニマルウェルフェアに関する法令整備などを進め、アメリカでも業界団体などによるガイドラインづくりが盛んです。日本も加盟するOIE(世界動物保健機関。旧名:国際獣疫事務局)では、畜種ごとにAW畜産基準の策定を進めています。

私たちと同じように、家畜は高い認知能力や感受性、複雑な社会性を持ち、苦しみや恐怖を感じる存在です。ストレスによって、飼育環境に発生する新たな病原菌に対する抵抗力が失われ、病気に感染しやすくなる、ということも獣医学的に解明されています。

そのため、「5つの自由の原則」の下、より良い飼育環境を提供していくことは、畜産の生産性や食の安全の向上にもつながり、経済的な利益をもたらします。AW畜産の振興は喫緊の課題です。

当協会は、セミナーや見学会などを通してアニマルウェルフェアに関する学習などを進めてきた「北海道・農業と動物福祉の研究会」を、AW畜産認証を始めるのを機に法人化し、2016年5月に設立しました。

主旨に賛同される方の入会を募り、ともにAW畜産の推進・普及に向けた下記の事業に取り組んでいきたい、と考えています。

入会案内チラシ(PDF)