About crane

This author has not yet filled in any details.
So far crane has created 28 blog entries.

11月16日に肉用牛に関するアニマルウェルフェア畜産セミナーを開催します

アニマルウェルフェア畜産セミナーのお知らせ 日時:2019年11月16日(土)13:30~17:00 場所:とかちプラザ 特別会議室 参加費:1,000円当日徴収(正会員500円) 定員:40名 13:30~14:50:岩崎方保氏「有機JAS牛肉の流通」 15:00~15:15:瀬尾哲也「アニマルウェルフェアの考え方」 15:20~16:30:山根百合奈・瀬尾哲也「肉用牛のアニマルウェルフェア認証基準案」 生産者、流通・加工業者向けの内容ですが、消費者の方も参加いただけます。 人と家畜には長い共生の歴史があります。人と家畜は寄り添いながら、お互いの関係と居場所を築き上げてきました。しかし、いつの頃からか経済性が優先し、感受性のある命ある生き物であるはずの家畜が、精神的肉体的苦痛を強いられる場面が多くなりました。本来の家畜のあるべき姿、人との関係を、生産者、消費者、食品を扱う人で一緒に考えてみましょう。有機畜産とアニマルウェルフェアは持続可能で繋がっています。今回は既に運用されている有機JAS認証牛肉の流通について学び、アニマルウェルフェア畜産認証の肉用牛基準案について説明します。 岩崎方保(まさやす)氏 マルハニチロ株式会社国産牛肉課課長代理 道内の牧場及び流通販売業者の連携機関であるHOBA北海道オーガニックビーフ進行協議会事務局次長。有機牛肉の普及と消費拡大に尽力されている。有機JASのと畜から肉製品までの手順、有機畜産認証の日本・海外における消費と流通、認証基準などについて話していただきます。 瀬尾哲也 当協会代表理事、帯広畜産大学准教授乳用牛のアニマルウェルフェア農場認証審査を担当。 山根百合奈 当協会農場認証審査員、瀬尾研究室所属の大学院生。肉用牛認証基準の策定を行っている。 終了後懇親会を予定しております(会費5,000円程度) 後援:十勝獣医師会 問い合わせ・申込先: 事務局 奥野・清水 携帯(午後6時以降) 10月5日までは090-7212-8156(清水) 10月6日以降は090-7514-0354(奥野) メール:info●animalwelfare.jp ※●を@に置き換えて送信してください。 PDF

2019-10-18T09:57:26+09:00 2019.10.18|お知らせ|

お知らせ:認証食品事業所の事業所削除について

2019年3月21日付でアニマルウェルフェア畜産食品認証事業所(牛乳・乳製品-04)の㈱大樹農社晩成牧場(白井隆代表取締役)より、認証辞 退の届け出がありました。 当協会は、これを了承し、ホームページ上の該当個所を削除しました。

2019-08-24T12:17:08+09:00 2019.08.23|お知らせ|

7月20日に帯広市内で「アニマルウェルフェア勉強会」を開催します

アニマルウェルフェア勉強会のお知らせ 日時:2019年7月20日(土)10:30~14:30(参加時間は自由です) 場所:帯広畜産大学 逍遥舎 午前 現場で感じるアニマルウェルフェアについての意見交換 午後 参加者からテーマを募っての意見交換 当日は以下のようなことを話し合おうと思います。予め聞きたいことやテーマがあればお知らせください。 アニマルウェルフェア畜産とは何なのか。日頃疑問に思っている家畜の取り扱いや畜産について。酪農現場で従業員として働いて、飼養管理や牛の扱いについて考えてきたこと。、新規就農するにあたって自分で目指そうとすること。なぜアニマルウェルフェア畜産認証を取得しようと思ったのか。日頃から飼養管理で気を配っていること。将来目指す農場の姿。と畜場でのAW的家畜の取り扱い。AW畜産の普及には何が必要なのか。海外でのAW畜産について。6次産業化とAW畜産物の今後の流通について。 昼食:12時~13時20分を予定。各自用意お願いします。当日は生協食堂も利用できます。 参加費(資料代):500円当日徴収 ■問い合わせ・申込先:(事務局)奥野尚志 FAX:0155-68-3305,携帯(午後6時以降):090-7514-0354 メール:taspas2000●gmail.com ※●を@に置き換えて送信してください。 PDF

2019-07-13T12:11:03+09:00 2019.07.13|お知らせ|

2月23日に公開セミナー「アニマルウェルフェア認証制度と認証製品のこれから」を開催します

公開セミナー「一緒に考えよう!アニマルウェルフェア認証制度と認証製品のこれから」2019年2月23日(土)13:00~15:30(受付12:30から)北海道大学 学術交流会館第二会議室札幌市北区北8西5丁目定員:40名第1部 講演清水池 義治氏(北海道大学大学院 農学研究院 講師)「アニマルウェルフェアと認証普及にむけた課題」第2部 座談会・質疑応答清水池 義治氏 (同上)村上 勇治 氏((有)あすなろファーミング代表取締役)「アニマルウェルフェア認証制度と認証製品のこれから」人も家畜も感受性を持つ生き物です.人は家畜から多くの産物を得ながら,命を繋いでいます.アニマルウェルフェアを模範とした畜産とは,人と家畜の共生,家畜に心を寄り添わせ,誕生から命を終えるまで,科学的見地からストレスを軽減し,快適な飼養管理を行うということです.持続可能な生産活動にもアニマルウェルフェア畜産の視点は不可欠です.当協会では2016年から認証制度(乳牛・乳製品)を発足させ,現在11農場,5食品事業所が認証を取得しています.そして今,肉用牛や他の畜種の認証制度の開始に向けて取り組んでいます.認証事業と実践生産者,その成果を紹介しながら,アニマルウェルフェア畜産の普及と持続可能な畜産業のあり方について一緒に考えてみませんか?申込締切:2019年2月9日(土)定員になり次第締め切ります参加費:一般1000円/人,協会正会員500円/人(当日会場にて徴収します)■お申し込み方法 ①氏名 ②参加者人数 ③会員の有無 ④電話番号を明記のうえ, メール(taspas2000●gmail.com)までお申込み下さい.■問い合わせ・申込先:(事務局)奥野尚志 FAX:0155-68-3305,携帯(午後6時以降):090-7514-0354 メール:taspas2000●gmail.com※●を@に置き換えて送信してください。主 催 :一般社団法人 アニマルウェルフェア畜産協会後 援 :公益社団法人北海道獣医師会,公益財団法人はまなす財団事務局:一般社団法人 アニマルウェルフェア畜産協会 PDF

2019-02-06T05:40:53+09:00 2019.01.18|お知らせ|

シンポジウムのお知らせ「持続でつながる有機とアニマルウェルフェア」

津別町有機酪農研究会とアニマルウェルフェア畜産協会の共催で現地見学会・講演会を行います。かねてから当協会会員から津別有機酪研との交流会を持ちたいとの声が上がっていました。念願かなって今回のシンポジウム開催となりました。SDGs(持続可能な開発目標)への取組みが広がる中、酪農、食、環境等について改めて考えてみようと思っています。 2018年11月7日(水) 10:30 JAつべつ(駐車場)集合(10:45石川牧場に出発します) 11:00 石川賢一牧場(津別町共和229-2)で見学会 12:00 JAつべつ 3回会議室にて昼食 12:45 講演「有機酪農の取組み」:津別町有機酪農研究会 石川賢一会長 13:15 講演「国内におけるAW認証制度の創設」:AW畜産協会 瀬尾哲也代表理事 14:00 質疑応答 14:30 閉会 当日はAW畜産協会岡井健理事が案内・進行をします。 乳牛の増頭による糞尿、化学肥料や農薬による環境への悪影響などから、循環型酪農を目指して平成12年に日本で初めて有機酪農へ取り組む地域の組織として「有機酪農研究会」が設立されました。試行錯誤を繰り返しながら有機栽培による飼料栽培がなされてきました。並々ならぬ努力と苦闘が土を生き返らせ、作物の本来の力を引き出しました。土が本来の姿をよみがえらせ、牛が命の輝きが取り戻し、その産物が明治オーガニック牛乳(平成18年よりJAS認定取得有機畜産物)として、私たちの食卓に届いています。また消費者との交流への取組みも視察だけではなく、ヨーグルト作りや搾乳体験などを通して幅広く行われています。現在の大多数の生産現場での飼養状態の改善を目指し、牛の生活の質を高めようと活動している協会理念とも重なります。今だけではなく、将来・未来に続く生産活動、持続可能な発展に何が必要なのか、何をしなければいけないのかを考えます。 参加費:1,000円(昼食・資料等)当日講演会場で徴収します。 問い合わせ・申込先:セミナー事務局 奥野尚志 FAX0155-68-3305 携帯(午後6時以降):090-7514-0354 詳細(PDF)

2018-10-17T12:17:50+09:00 2018.10.15|お知らせ|