アニマルウェルフェアとは

アニマルウェルフェア(Animal Welfare)とは、感受性を持つ生き物としての家畜に心を寄り添わせ、誕生から死を迎えるまでの間、ストレスをできる限り少なく、行動要求が満たされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざす畜産のあり方です。欧州発の考え方で、日本では「動物福祉」や「家畜福祉」と訳されてきました。

1960年代のイギリスでは、工業的な畜産のあり方を批判した、ルース・ハリソン氏の『アニマル・マシーン』が出版され、大きな関心を呼びました。イギリス政府が立ち上げた委員会は、「すべての家畜に、立つ、寝る、向きを変える、身繕いする、手足を伸ばす自由を」という基準を提唱します。こうした動きを受け、家畜の劣悪な飼育環境を改善させ、ウェルフェア(満たされて生きる状態)を確立するために、次の「5つの自由」が定められました。

1.空腹と渇きからの自由
2.不快からの自由
3.痛みや傷、病気からの自由
4.正常な行動を発現する自由
5.恐怖や苦悩からの自由

今では、「5つの自由」は家畜のみならず、人間の飼育下にあるペットや実験動物など、あらゆる動物のウェルフェアの基本として世界中で認められています。

新着情報

『関連記事・論文』に『AWに配慮した低コストの牛舎改修』を追加しました

2016.10.21|『関連記事・論文』に『AWに配慮した低コストの牛舎改修』を追加しました はコメントを受け付けていません。

AW畜産認証ロゴマークの募集結果について

2016.10.21|AW畜産認証ロゴマークの募集結果について はコメントを受け付けていません。

「マイペース酪農」の人たちとの交流会のお知らせ

2016.09.02|「マイペース酪農」の人たちとの交流会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

リーフレットを作成しました

2016.08.09|0 Comments

リーフレット